藤岡弘、に惚れ直した。

映画「仮面ライダー1号」を息子たちを連れて鑑賞してきました。
映画が始まる前から、今を輝く仮面ライダーゴーストに子供たちは胸を躍らせていました。
いざ映画が始まると、藤岡弘、が登場します。
普段なら、お目当てのキャラが登場しないとブーブー言い出す会場の子供たちが、今回は声を出す子がいません。もちろん我が子もです。
映画が終わり息子たちにそのことを尋ねると、初めて見る「本郷猛」のカッコ良さに圧倒されたそうです。
「オジサンなのにかっこいい。」「オジサンなのに何で?」とカッコ良いと思わされた理由は子供たち自身にもわからないようでした。
私自身も何でカッコ良いと感じたのか考えましたが、上手く表現できませんでした。キャッチコピー通り、「原点にして頂点のヒーロー」だからなのだろうなと、私も藤岡弘、のような男になりたいと、二十数年を経て改めて彼に憧れました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ブログランキング ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村